お知らせ
2018/09/07【牧野 文幸 展】 水村喜一郎美術館(長野県東御市) 9月22日(土)〜10月6日(土)

水村喜一郎美術館 第5回企画展

 

牧野 文幸 展

 
牧野 文幸 画 「夕景」 油彩画

牧野 文幸 画 「夕景」 油彩画
 
牧野君は会うといつも爽やかな笑顔であった。だが彼は16歳の時の水泳の事故による頸椎損傷で、首から下に障がいを持ち一生車椅子生活となる。19歳より絵筆を口に絵画をはじめる。明るいやわらかい色調で優しく動物を(ことに馬を)得意とする。書道も教授の免許を持つ。
生きるよろこびを感じつつ昨年永眠。52歳であった。
 −水村 喜一郎−
 
日時:2018年9月22日(土)〜10月6日(土)
午前10時〜午後5時
休館日:月曜日(休日の場合、翌火曜日)
 
場所:水村喜一郎美術館
〒389-0518 長野県東御市本海野645
TEL/FAX 0268-71-5242
 
入館料:一般/500円 シニア(65歳以上)/400円 小中学生無料

協賛:口と足で描く芸術家協会
  「春聲」 「絆(奇跡の一本松)」 「Going on」 牧野 文幸 画

 
水村喜一郎美術館とは・・・
協会に参加して40年を超える口で描く画家、水村 喜一郎が2013年に開館した美術館です。
同年8月には、天皇皇后両陛下が来館されたことでも話題になりました。
 (その時の新聞記事はこちら・・・)
今年も11月まで、【水村 喜一郎 展】を開催いたしております。
それに加え、企画展として館内の一角にて【牧野 文幸 展】を行います。
同じ口で描く画家として共に歩んできた、牧野 文幸と水村 喜一郎の作品を併せてお楽しみください。
 
水村喜一郎美術館

≪アクセス≫
■お車 練馬ICから約2時間半
○関東、北陸方面から
 上信越道東部湯の丸インターから15分
○中部、関西方面から
 中央道〜長野道〜上信越道東部湯の丸インターから15分

■鉄道 東京から最速2時間
○関東、北陸方面から
 北陸新幹線「上田」にて、しなの鉄道乗換、「大屋」下車、
 タクシー5分(約900円)または徒歩15分 
○中部、関西方面から
 中央本線特急しなの「篠ノ井」にて、しなの鉄道乗換、「大屋」下車、
 タクシー5分(約900円)または徒歩15分
 

 

アクセス : 640

【絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち】 三重県桑名市 10/19(金)〜21(日)

お知らせ一覧
Top page